サイディング張替えました。

築後15年の建物です。

部分的にですが、窯業サイディングの凍害で傷んだ部分の修理をしました。

稀にですが、同じ商品でも製造ロットの違いや、工事中の材料の保管方法によって一部分だけ不具合の出ることがあります。

ただ・・・このような不具合は、ほとんどは築後一年以内に発生します。

今回は床下での漏水が発見されましたのでその水分が影響していたものかもしれません。

窯業サイディングのデザインは長くて5年くらいでどんどん変わっていきますので、同じものがありませんでした。

新しいデザインを選んでいただき、古いものを撤去・新しく張りなおして完成です。

屋根を葺き替えたのに・・・雨漏り・・?

先日、ある現場にて 他の職人さんに工事してもらった瓦の葺き替え工事の後雨漏りがしているので見てほしいとの依頼があり工事を行ってきました。

どうやら瓦と壁の取り合い部がきちんと工事されていないのが原因のようです。

屋根庇の裏にも雨が侵入しており庇の修理も必要です。

おそらく瓦工事の際に、板金職人を入れずに瓦職人さんだけで工事をされたことが不完全になったのではと考えます。

瓦を取り外し、壁の取り合い水切りを解体し 捨て水切りを施工後、瓦を戻し、雨水侵入防止シーラー・コーキングを施し、水切りをかけてあります。 その他複雑な取り合い部も板金で排水できるよう工夫して完成です。

併せて庇は、大工さんの下地工事の後、新しく板金で葺き替えしました。

笠木板金と壁との取り合いも隙間が多く、ここからの雨の侵入も考えられたので合わせて壁板金・笠木の付け替えも行いました。